調剤薬局が発信する薬科大学について@

薬科大学とは何か?について詳しく解説

このサイトをご覧になって頂いている方の中には、そもそも大学とは何をするところか?という疑問をお持ちの高校生の方もいらっしゃるでしょう。ここでは、薬科大学についてお話しする前に、まずは大学一般について見ていきたいと思います。ここで述べたことの大半は薬科大学にもあてはまると思いますので、是非ご参考下さい。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

大学は日本における教育・学術研究の最高機関と言われています。このことは大学卒業者が就職していくことが多い点からも明らかですね。

 

大学に入学するためには、原則として、高等学校を卒業しなければなりません。ただし、高等学校卒業程度認定試験に合格した方は、高等学校を卒業したものとみなされます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

となると、大学の授業では高校卒業程度の知識がないと授業についていけないのかという疑問が出てきます。あくまでも私見ですが、文系学部については法律や経済、商業など高校で学ばなかったことを学ぶことが多いため、それほど高校で習った知識が問われることはないと思います。しかしながら薬学部の場合、お薬の分子構造などを理解するうえで、高校の化学の知識が曖昧だと非常に苦労すると思います。とりわけ、お薬は複雑な分子構造でできていますので、有機化学が理解できていなければ授業についていくのが大変になるでしょう。

 

調剤薬局