調剤薬局が発信する薬科大学の特徴について

薬科大学とは何か?について詳しく解説

薬科大学は原則として薬学部しか存在しないとはいえ、実際には「薬学部○○科」といったように複数の学科が設置されていることが多いです。そのため、必ずしも薬剤師を目指す方のみを対象とした大学ではないことが多いと言えるでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

学科の詳細につきましては別のページで説明します。 ここでは薬科大学の特徴について見ていきたいと思います。 薬科大学といえば、薬学に関しては専門性の高い大学で、文系学部や工学部等が併設されている大学(これを総合大学という)の薬学部よりも深くて詳しい知識が学べると考えておられる方が多いのではないでしょうか?確かにそのような薬科大学もあります。しかしながら必ずしも全ての薬科大学がそうとは言えません。そのため、この点は大学案内等で「どんなことが学べるのか」「他の大学との違いは何か」をきちんと確認するようにすべきだと思います。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

薬科大学は原則として薬学部しかないため、薬学関連のお仕事に就きたいという意思が明確であればお勧めできますが、将来の目標が曖昧なまま入学してしまうと、後で他の学部に変更したいと思っても学部を変更する余地がありませんので、そのような方はどちらかと言えば総合大学の方がお勧めかもしれません。

 

薬剤師国家試験