調剤薬局が発信する薬科大学について

薬科大学とは何か?について詳しく解説

ひと口に薬科大学といっても、薬科大学ごとに違いがさまざまなので、大学案内等で「どんなことが学べるのか」「この大学にしかない特徴は何か」「自分の夢を実現できる環境にあるか」などをきちんと確認し、自分がどの大学に入学すべきなのかを予め調べておく必要があります。薬科大学によってはユニークな制度を導入しているところもありますので、ここではそれについて見ていきたいと思います。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

ある薬科大学では、薬剤師の活動範囲が病院・調剤薬局・ドラッグストア・新薬メーカー・官公庁などと広範にわたっていることから、早期体験学習・実習前の事前学習・長期実務実習などで多くの実務家と対話する機会を設けることで、他の大学との差別化を図っています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

また、ある薬科大学では、授業中に指導員を徘徊させ、授業についていけない生徒を適宜フォローしていく制度を設けることにより、学生1人1人が着実に理解できるように努めています。

 

これらはあくまでもほんの一例に過ぎません。大学ごとに様々な制度がありますので、大学案内やホームページなどを駆使し、場合によってはオープンキャンパスにも積極的に参加しながら大学同士を比較してみるとそれぞれの大学の特徴が分かってくるでしょう。

 

薬剤師 就職